好きなことを全力でやりきる力をつける。個性は大事。

幼稚園と保育園の選び方。我が家の場合。

ホームスクーリング6年目のきまぐれキャンパーです。

いかがお過ごしでしょうか。

 

今年もあとわずか。。。

年が明けたら、いよいよ進級準備でしょうか?

新しい場所って、ドキドキがすごくて疲れちゃいますよね。

いい意味でもドキドキ、よくない意味でもドキドキ。翻弄されます。

 

学術的研究の結果の話ではありますが、「人間は変化を嫌う生き物」だそうです。

ですから、あなたの拒否反応やその心の波は、人間として備わったもの。

悪いことでもないのです。安心してください。とは言い難いですが、ゆっくり付き合ってあげてください。

 

さて、今回は、幼稚園・保育園の選び方。我が家の場合。です。

 

皆さんは、お子さんを預ける際、選んだんですか?

我が家は、生まれた当初から2ヶ月間は私も育休です。

そこから預けることとなるのですが、

 

その当時は、選ぶなんぞ考えて入られませんでした。

入れるところが限られていますので。。。

枠2人に対し、応募は3倍以上。。。。。どこでもいいから入りたい。

仕事がありますもの。

 

でも、恵まれていました。

最初の3歳までの期間。

市が待機児童解消のための策として実施された、「保育ママ」システムで、

自宅で、家庭的な保育を行う保育ママに預けることとなります。

 

この時の、保育ママが今でも子達にとって「第3のばあば」となっています。

(第1、2が私どものじいじ、ばあばです。)

血の繋がりではない何かの繋がりで子達は慕っております。

人柄も良く、いいことと悪いこと、環境を整え、自然の中で育ててくれた方達です。

 

保育ママの利用は3歳までと当時決まっていましたので、

3歳から認証、認可保育園へ移ることとなっています。

 

今回は、そのお話です。。。

 

そもそも保育園のシステムとは。

認証・認可型保育園は行政からの援助で成り立つ背景もあり、結構な条件を満たした保育園であるらしいです。

条件に満たなければ、認証・認可はおりず、独自の財政管理で行われる訳です。

 

認証・認可以外の保育園の良さは、独自の環境を持てる。という、いい点があります。

感受性豊かに、自然を多く取り入れる。とか、

食育の取り組みが盛んだ。とか、

子達が話し合いでやりたいと思ったことをやる。とか、規定の枠を超えた色々な特色があります。

なんだか、ホームスクーリングみたいですね。

 

我が家は、その当時ホームスクーリング方向での子育てを希望していたわけではないので、認証・認可保育園へ行くこととなります。

 

保育園を希望する際にしたこと。

保育園の見学。

その保育園の中身を見せてもらいました。

どんな先生がいるのか、どんなお友達か。どんな話しかけ方をしているのか。

当時の保育園は、厳しい子どもの世の中でもゆるい保育園を選びました。

 

散歩先も重要でした。

周りの施設の数。公園の数、公園の広さ。とても気にして見に行きました。

 

驚かれたのが、入るクラスではなく、その他のクラスも見せてもらいましたが、

園長先生に「他の年齢のクラスも見るんですか?」と驚かれたのを今でも覚えています。

だって、環境は選んだことに越したことはない!訳ですよ。

 

先生は変わるものだし、話せばわかる部分も変化する部分も多いです。

ですが、木がない、道具がない、窓がない、日がない、、、純粋な環境と言えるんでしょうか、

簡単には変えられそうもない環境に重点を置き、選ぶこととしました。

 

選ぶポイントともならないんですが、

園長先生との話について。

どこまで理解があるのか、どこまでの融通が効くのか、、、。

 

一番は、勉強熱心で正直な先生であるか。です。

保育園のクラスにつく先生は、パートで入った方と、資格を持ってやっている方、熱心な方であっても、基礎学力、専門性をどこまで知っているのかわかりません。

個々の発達段階を見て支援してくれる先生、新しい考えを自分から取り入れ実践してくれる先生は、ぱっと見でわからないものです。

 

ただ、全て園長先生の采配が関係していることです。

その先生が能力を発揮できる現場なのか、そうでないのかはっきり聞くのがいいのかもしれません。

 

「新しい考えは、積極的に取り入れ、親との面談時に柔軟な話し合いが持てますか?」です。

 

「合理的配慮」って知ってますか。

簡単に言えば、支援が必要な子へ、支援をしようという法案です。

「法」です。

平成26年に制定施行されました。

学校や会社などの範囲に限らず、保育園からこの配慮知っていていいはず!!知らないとちょっと困ります。

 

 

つらつら書いてきまいしたが、

近い過去では、次男はぐれメタルンが入園した保育園の園長先生は、とても熱心な方で、勉強会へ足を運び、勉強会を自ら主催する方。

勉強やっているだけでは、いいとは言えないのですが、

聞けば内容も、しっかりとしたものを学んでいました。行政と連携や、保育のあり方、行政への交渉も。

 

ここまで来ても、まだ決定的な要因にはならなかったのですが、

何と言っても、

「正直」

なところ。

知らない知識は、「それ知らなかったです。詳しく教えてください。」

と言ってくださるところ、「調べます。」と言ってくれるところです。

「やってみましょう。やってみなくては話わからないです!」

 

正直さって大事ですよ。

見てくれだけよくしてるのは、信用ならんものです。

 

どうか、

お子さんが入園した際に、「人質に取られている」から何も言えない。環境』

にだけは、行かないでください。

入園して見て、困ったら、解決しないなら、転園もありです。

NO IMAGE