好きなことを全力でやりきる力をつける。個性は大事。

ホームスクーリングの勉強の選び方は難しい問題。

勉強が嫌になってきているゴジランを見て、

キャンパーはやり方を変えようと決意。

絵本や、教科書でもいい。

好きな言葉の書き取りから始めよう。と、

マス目の大きなノートを使うことにします。

漢字ドリルも使いました。

これは好きだったみたいで、目を離して2時間くらい。。。

その時間だけで、ただただドリルだけ書き終わってしまい。

『これ、楽しくて。。。終わってしまった。。。』

コツコツやるんだと思っていたキャンパー。

まあ、楽しかったんだったらいいよ。

 

 

「おおきなかぶ」の物語。皆さん覚えていますか?

キャンパーは、なんとなく結末まで覚えています。覚えていた方が、楽しいかな。と簡単に思ったキャンパー。

 

「おおきなかぶ」の本文を何日もかけて一緒に書き取りしました。

 

ゴジランは、ひらがな、カタカナが5歳で理解して書けていましたので、そこからスタートはキャンパーもありがたい事だな。

と、ゴジランに感謝感謝。

 

まずは、キャンパーが黄色い鉛筆でマス目に文字を一字ずつ書いて、それをなぞる練習。

目標は、

『マス目を出ないように。』

『言葉は相手に伝えるため。の意識』

です。

一年生に理解するのは難しい事ですが、

『自分を知ってもらう時、相手に知ってもらいたい時、相手を知りたい時のメッセージの時に役立つよ。』

『読める文字を書いてないと、友達が、ゴジランが困るかもしれない。だからキレイに書こう。』

って、確か伝えていました。

今では、ずいぶん丁寧に書くようになったな~。と感心しています。

まだまだ、目標は高く!

 

NO IMAGE