好きなことを全力でやりきる力をつける。個性は大事。

3歳で始まった次男のホームスクーリング。

ゴジランがホームスクーリングを始めて、弟の『はぐれメタルン』も時は一緒に流れて、勉強や興味を広げていきます。

 

はぐれメタルンには、ずいぶんと驚かされました。

2歳でひらがなを理解して、保育園の先生に『天才』なんじゃないか!と騒がれ、

キャンパーは、褒められるのはとても嬉しくて嬉しくて。

 

今度は、単語を理解し、、、先生また『天才』と大騒ぎ。。。

キャンパーは少し理解が早い子と思っていましたが、つられて「本当に天才か?!」と錯覚しました。

でも、待て待て。。。。。喜んでもいいけど、キャンパー天狗はいかんぞ!

 

3歳になり、ABC、1年生の漢字を覚えてしまい。

ゴジランが『教えて~』と叫べば、

はぐれメタルン『僕の番だ!!!いいよー!』と。。。

 

おいおい。。。

面白い光景だな。と、教えてもらうことに年齢って関係ない。プライドは関係ない。

と兄弟同士で学べそうだと、感じていました。

 

得意な事があれば、苦手な事だってある。

はぐれメタルンは、手を汚すのが苦手で、乳幼児期に「手づかみ食べ」ができず、そのまんまスプーンとフォークへ。

転んだ時に、手が出ない事はほとんど毎回。

砂遊びはほとんどした経験がありません。。。

粘土も。。。

手先の不器用さが箸使いに影響を与えておりますが、持ち方は難しいから焦らず、ゆっくりで。。。。。

 

どうしても、知的なところが目につきがちでしたが、

今の時期は、子どもらしく遊びすぎていてほしい。。。と思っています。。。

 

NO IMAGE