好きなことを全力でやりきる力をつける。個性は大事。

新型コロナウイルス、全国小中高校春休みまで休校、学業どうする?

きまぐれキャンパー
こんにちは。
ホームスクーリング6年目のきまぐれキャンパーです。
地球多種多様性さん
危惧していたことが、本当になったね。
春休みまでってことで、37連休だよ!
きまぐれキャンパー
すごい休みだよね。。。
夏休み級で、来年度の夏休みないんじゃない?
地球多種多様性さん
オーマイガ!!
37連休!!夏休み級の休校どう過ごすか?
どうなっちゃうんでしょうか。。。
来週から早すぎる春休み。
セレモニーもできず、卒業旅行なんてできない。。。出かけられない長い休みって、結構しんどいですよね。
これこそ、我慢ですね。。。
前回は、この「我慢」について、心の温度計のお話をしました。
お仕事がある親御さんは、子達を家に出勤なんてこともありえますよね。
心配が多い。。。大変な事態ですね。
この37連休、どう過ごすか?
新年度に向けて、何が必要か考えていきたいと思います。
びっくり37連休、どうやって過ごすか。学業について
今、いきなりの政府の発表にびっくりしている学校現場は、どうなっているのか想像がつきませんが、
とりあえず、休みは始まります。
休み中の宿題もなく?間に合いませんよね。昨日の今日ですもん。
3日前だったらよかったのか。。。発表が早ければと思うばかりですが、
では、家ではどのように準備したら良いのでしょうか?
学校での勉強はどのように進んでいるかご存知でしょうか?
私も知らないんですけどね。。。。。
ただ、教科書を使ってホームスクーリングをしていますのでその辺のお話が参考になれば幸いです。
どんな学習でも基礎が大事です。基礎の上に次の学習が成り立っています。
特に大事なのは、国語です。どの教科も、国語の上に成り立っています。
国語と言われると、漢字と文章に分けられると思います。
漢字を覚える際は、まだ何度も書きなぐって覚えていますか?
実は何度も書いて覚える学習法は、実は科学的根拠もなく理にかなっていない学習法なのです。
「でも、自分はこうやって覚えてきたんだから!」とおっしゃる方も多いと思います。
でも、この学習法を教えてきたのは教師の方々。記憶や脳の専門家ではありません。
教えてきた方々が、根拠もなく教えている方法なので意味がないのです。
少しは覚えられるパターンもありますが、効率が悪い。
37連休の間、有意義に学業を過ごすための国語の勉強法として、国語の教科書を読むのではなく、
漢字の学習であれば、自分で一文を作る
事をお勧めします。
例えば、「花が咲く。」「花だん(壇)で、花が咲く。」
意味や、成り立ちを自分で調べるのもいい事ですが、ここでは文を作る事をお勧めしています。
必ず、漢字で書けるものは漢字を使用し、句読点、「」、も工夫する事です。
句読点は、文章を読みやすくする、誤読を避けて正しく伝えられるように。という意味での使用です。国語の教科書的には持って決まりがありそうですね。。。私は厳しくは捉えていません。
その文をどんな情景でイメージしているのかを説明できるところまで話し合います。
これも、文で書ければなおのこと良いですね。絵でもいいのです。
例、花が咲いている情景。花が咲いた花壇の情景。
小学校学習漢字数は1026字となっています。
漢字とともに、文章を学ぶ。
意味をただ書き写すのは脳をスルーーーっと通り過ぎてしまうんです。。。引っかかるフレーズがあれば、それを留めて、書くことは有効ですが、自分で考える力を養うためにも、ヒントを出し合って文章を作る事をしてみましょう。
絵で描いた場合は、先行している絵に沿って単語を書き出し(絵の中に直接単語を書いていく)、それを線で繋いで文をつくる作業をする。これも見える化の作業ですね。
復習も兼ねて過去の漢字、先取り学習であればこれから習う漢字について、ノートにまとめてみるのもいいですね。
オススメのうんこドリル。よく考えられています。フレーズが耳に残る!
イレジュラーな環境に対する自己の防衛、成長するためには自分を知る事
今回の緊急事態を含めて、休み明けには新しい環境がスタートする?状態になりました。まだ未定ですが。。。
どんな事態になっても、
新しい環境はとてつもなくストレスがかかります。
楽しい環境であっても同じくストレスはかかります。
さて、このストレスはどんな影響を及ぼすのか。。。
ストレスを溜めておくものが例えばコップだとします。このコップは、身体のどこかにあるとします。
少しのストレスでも、このコップへは淀んだ液体や、楽しい場所でも疲れという気体が溜まっていきます。
いつしか満杯になったストレスのコップは、どうなるのでしょう。。。
限界が来て溢れ出してしまうと、今度は今まで頑張って来た身体の各部分に影響を与え始めます。
内科的な不調だけではなく、ぎっくり腰や肩の痛み、足首が痛いと、様々な機能的な各所にまで影響が及ぶんです。
一般に熱や腹痛ではなない部分もダメージを受けて痛み出すなんて事があるんですよ。
頑張りすぎている、この「すぎている」部分って人とは違いますよね。
ある人は、まだ頑張れる。ある人は、限界超えている。と、違うのです。
自分自身の域値を知っていただきたいと思っています。
その時に、心の温度計が役に立ちます。『我慢』の温度計ではなく、『ストレス』の温度計ですね。
無理をしないためにも、政府が社会的な補償対策を考えて、発表して欲しい。と思うところですが、まだまだ先なんですかね。ないんですかね。
NO IMAGE