好きなことを全力でやりきる力をつける。個性は大事。

ホームスクーリングの今年の目標

2020年になりました。

今年もホームスクールを張り切ってやっていこうと思います。

今年は、ついに7年目になる年です。

 

 

節目ではないですが、

一年一年大事にして生きたい。同じ一年はないですからね。

 

大人と子どもの時間感覚には差があります。

私があっという間に感じる理由は、充実しているから?やることが多いから?沢山の出来事があるから?でしょう。

子どもにとって時間は長く感じているようですが、私は日々「あっという間だね!」と子どもたちに言ってもらえる毎日を目指しています。

全てを覚えていることは難しくても、少しでも爪痕を残していけるようにと思って日々を送れるかが、今年も私の挑戦になると思います。

 

子どもたちは、今年をどう乗り切るのか、どう進むのか。

 

「今年の目標はどうする?」

2020年は聞かないことにしました。

日々毎日状況と、出来る出来ないハードルの高さがコンディションんいよっても変わるので、それに合わせて目標を持てればいいとは思いますが、わざわざ新年にやる必要はないな。と、

その都度、話し合いを持つ。

という機会をせっかく得ているのに、昔の目標に引きづられて(1秒でも前のことは過去です)、

現在の問題の解決をしたり、相談に乗るのは違うのかな。と、、、

現代においても、昔ほど不便ではなくなり、常に進化しているので、自分を常にバージョンアップして欲しい。

と思っているからです。

 

(ちなみに、夢は書くと叶うとか、目標は書くと叶うとか、あるみたいですが、科学的根拠はないらしいですよ。

〇〇大学の研究結果はガセネタです。

間違えないようにしてください。)

 

 

人が超えられるハードルは常に変化している。

お正月を迎え、ふと思いました。

昨日問題ないと感じていたハードルが、今日になって異様に高く感じた。超えられなかった。

なんて事もある訳です。

「前できたんだから出来る。」って言うのは、自分でも無理なことがある。

じゃあ、そのハードルに合わせた考え方を持とう。と言うことです。

 

 

お正月休みを経て、また学校へ行く方もいるかもしれません。。。

無理して行くことはない。

無理は良くない。

常に頑張れる人間はいない。

だから、命を大事にした行動を、

ぜひ親御さんも考えて欲しい。とせつに願います。

NO IMAGE